スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく解決して、とってもスッキリ 

とうとう艦これの夏イベがスタートしましたが、私にとってはもっと重大な出来事がありました!
それは『Chromeが普通に動くようになったこと』

うちにはPCが2つありまして、1つは先日ディスプレイが逝ってしまわれたデスクトップPC
そしてもう1つが、今この記事を書いているノートPCとなります

このノートPC、元々Windows8で問題なく稼働していたのですが、
Windows8.1にアップデートしてからというもの、問題が発生する発生する……
そもそもWindows8.1にアップデートする気はなかったのですが、
数日置きに来る『しない』という選択肢のないWindows8.1へのアップデート告知を、『後で確認する』を選択して引き伸ばしていたら
いつの間にか強制的にアップデートさせられていた

な、何を言ってるのか(ry


そんなこんなでWindows8.1へとアップデートしてしまったわけですが、
暫くするとタスクバーがフリーズするようになり、Chromeで新規タブを開くと応答なしになるわで私のフラストレーションを溜める原因に
タスクバーに関しては、WindowsUpdateのファイルが原因ということが早期にわかったので解消することができましたが
Chromeに方は調べても調べても原因がわからない、何を試しても直らないという状態でした


しかし、昨日!
ついに原因を突き止めることができました!!

それはアンチウィルスソフト『カスペルスキー』だったのです!
まさかWindows8.1にアップデートしたら、カスペルスキーが原因でChromeが応答なしになるなんて思わないじゃないデスカー
そんなわけで、カスペルスキー公式HPからWindows8.1用のアップデートファイルをダウンロードしインストールしたことで、無事Chromeが通常営業してくれるようになりました


ようやく長い戦いから解放されました、おやすみなさい!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doragoku2.blog104.fc2.com/tb.php/499-6bd0165a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。